カフェイン依存症になる量は?治療法は?

グルメ・健康

朝起きた時や、仕事中眠くなったときにコーヒーを1杯!って方、多いですよね。

 

でもあまり多く飲んでしまうとアルコールと同じようにカフェイン依存症(カフェイン中毒)になって、最悪の場合、命の危険があることを認識しないで飲んでる方も多いと思います。

 

「毎日コーヒーを飲んでるけど、別に体調は悪くないよ」

「コーヒー飲んだらすっきりするから、カフェイン依存症なんて関係ない!」

 

という方は要注意ですよ!!

もしかしたらあなたはカフェイン依存症かもしれませんよ!

 

  • どのくらいの量カフェイン依存症になる?
  • もしカフェイン依存症になったら、どんな治療法なの?

 

など、カフェイン依存症について少しお勉強していきましょう。

 

「カフェイン依存症」とは?

コーヒーにはよくご存じの「カフェイン」とい成分が含まれています。

 

カフェイン自体には「神経毒性」を持っており、その毒性が引き起こす神経障害を「カフェイン中毒」といいます。

 

「カフェイン依存症」とは、よく知られている「アルコール依存症」「ギャンブル依存症」のように、カフェインの摂取を止められない症状のことを指します。

 

なお「カフェイン」は、コーヒーだけに含まれる成分ではなく、紅茶、緑茶やコーラにも含まれ、眠気覚まし用として市販されている「エナジードリンク」には、大量のカフェインが含まれると言われています。

 

「カフェイン依存症」の症状は?

「カフェイン中毒」とは、成分による中毒症状で、神経毒性ですので、

 

  • コーヒーを飲んだら落ち着く(飲まないとイライラする)
  • とりあえずコーヒーを一杯

 

に思い当たる節がある方は要注意ですね。

 

では、カフェイン依存症になるとどんな症状が出るのでしょうか?

 

カフェイン依存症:頭痛

コーヒーを1日3~4杯飲む方は、一日コーヒーを飲むのを断ってみてください。

すると頭痛が起こることがあります。

 

頭痛を引き起こす要因はいくつかありますが、カフェイン依存症による頭痛は、カフェインの成分が脳の血管を収縮させており、カフェインの摂取を断つと血管が広がり、脳を圧迫→頭痛を引き起こすと考えられています。

 

「コーヒーを飲むと頭がすっきりする」

は、これが要因かもしれませんね。

 

カフェイン依存症:パニック障害

仕事中、はかどらないときにコーヒーを飲むと効率が上がるってこと、よくありませんか?

 

これはカフェインの成分が精神を高揚させ、一種の興奮剤の役割を果たしているからだと思われます。

 

興奮状態のうちにさらにカフェインを摂取し続けると、さらに興奮状態が高まり、パニック障害を引き起こす可能性があります。

 

このように、カフェインには精神障害を引き起こす可能性を含んでいますので、過剰な摂取は避けるべきですよね。

 

「カフェイン依存症」に陥る量は?

カフェイン中毒になる量としては、一般成人が3時間以内に17 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合、すべての人がカフェイン中毒になると言われています。

これはコーヒー8~10杯の量に換算されます。

 

また、400 mg/kg 以上摂取した場合は、最悪、命の危険にさらされるとも言われています。

まぁ、コーヒー何十杯も飲む人はまずいないと思いますが、何もコーヒーだけではないんです。

 

モンスターエナジーは3本以上でヤバい!

眠気覚ましに効くとされている「エナジードリンク」

そのなかでも「モンスターエナジー」というエナジードリンクは、相当量のカフェインが含まれています。

 

「モンスターエナジー」1缶には142mgのカフェインが含まれています。

これをコーヒーと比較すると、カフェインの量は6~8杯分になります。

 

なので、エナジードリンクは1日3本まで!と覚えておいたほうがいいでしょう。

 

「カフェイン依存症」の治療法は?

カフェインは、摂取しても体にとどまることはなく、分解・代謝され、体外に排出されますので、「カフェイン依存症の症状」に思い当たる節がある方は、数日、コーヒーを断つことで改善されると思われます。

 

少しイライラすることや、頭痛などの体調不良を我慢するだけですので、休みの日はコーヒーなどのカフェイン飲料を飲まないことをおススメします。

 

今は、ノンカフェイン飲料なども販売されていますので、こういうノンカフェイン飲料を愛飲するのも一つの手段でしょう。