治験アルバイトってヤバくないの?高額報酬って本当なの?

グルメ・健康

「治験アルバイトに参加するだけで〇万円」

 

というアルバイト募集を見たことはありませんか?

 

中には、入院するだけで何十万円という報酬があるとうたっている募集もありますが、なんか怪しい、ヤバそうだなって思っちゃいますね。

 

でも、治験は国の定めたルールに沿った形で行われる、言わば、国のお墨付きを得たアルバイトなんです。

 

じゃぁ、なんでそんな高額報酬が貰えるのか、本当に安全なのかについて、一緒に見ていきましょう。

 

治験は新薬の安全性を確認する試験

 

製薬会社では常に新しい薬を開発し、ドラッグストアなどで市販されることでお医者さんにかからなくてもよくなるのは大変いいことです。

 

しかし、新薬を開発しても逆に体に影響があるとなっては元もこうもないですよね。

 

そこで製薬会社は、新薬を市販する前に、実際の患者さんなどにその薬を投与し、その効果と安全性を調べ、厚生労働省から「効果があるから市販してもいいよ」と承認を得た後、晴れて市販するという流れとなります。

 

その効果と安全性を確認する試験を「臨床試験」といい、そのことを一般的に「治験」といいます。

 

なぜそんな高額な報酬なのか?

 

「薬」といってもその種類はたくさんあって、医師の処方箋がないと買えない「処方箋医薬品」と、処方箋が無くてもドラッグストアなどで買える「一般用医薬品(市販薬)」とあります。

 

新薬の売り上げが何千億円になることも

風邪薬や胃薬など、ドラッグストアでよく買いますよね。

 

単価は1,000円くらいでも、風邪薬や胃薬は1年中、みんなが買い求めるので、その売り上げも何十億にもなり、製薬会社の利益にも繋がります。

 

いままで治す薬がなく、特効薬が開発された!となれば、その売り上げも相当な額になります。

 

なので、製薬会社としても、新薬の開発には特に力を入れてますが、どんな特効薬を開発したとしても、厚労省から認可が得られないと売ることが出来ない。

 

ということで、製薬会社は「治験」という形で高額アルバイトを募集するということです。

 

治験のメリット・デメリット

 

製薬会社が臨床試験のデータを集めるために治験アルバイトを募集することはわかりましたが、病気がちの人に臨床試験(治験)をお願いすることは出来ませんよね。

 

そのために、治験をお願いする前にまず検査を行い、新薬の試験をしても大丈夫か、効果を検査することは出来るのかを判断しなければなりません。

 

治験のメリットは高額な報酬額

そのためにはまず、数多くの人を検査して、必要な臨床データを得るための試験者を用意する必要があり、集めるには高額な報酬を示したほうが多く集まりますよね。

 

治験の大きなメリットは、1回の報酬額(アルバイト代)が高額であることです。

 

治験の中には、その報酬額が30~50万円のケースも聞いたことがあります。

 

治験のデメリットは生活習慣が制限される

しかし、高額な報酬が得られる代わりに、いろんな制限が課されます。

 

  • 検査の時点で治験に参加できないことがある
  • 治験の期間が長期化することもある(1ヶ月、半年以上かかることも)
  • 治験期間中、飲酒や喫煙、食べるものが制限されることがある

 

など、検査する薬の作用に影響するであろう行為は制限されます。

中には何日も入院しなければならないこともあります。

 

そして一番怖いのは、製薬会社などが予期しえない副作用があるかもしれないということですね。

 

治験で命を落としたというのは聞いたことはありまえんが、絶対ないとは言い切れないですもんね。

 

まとめ

 

今回は、「治験アルバイトってヤバくないの?高額報酬って本当なの?」という点について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

治験は、製薬会社が正しいルールに基づいて行っている試験、検査なので、決して怪しいバイトではないことはわかりました。

 

しかし、治験期間が長期であることや、生活習慣が制限されるので、どの人にもおすすめという訳にはいかないのですが、健康に自信のある人や、新薬開発で社会貢献ができると思う方は、やってみてもいいと思います。