知ってました?鼻うがいは花粉症やインフルエンザに効果的!

グルメ・健康

アナタは風邪をひいたとき、うがいをしますか?

 

「はい」と答えたひとでも、口にうがいぐするを含んでガラガラする”うがい”はしても、鼻に直接うがい薬を流す「鼻うがい」をする人はあまりいないかもしれません。

 

今回の記事では、どうして鼻うがいが効果的なのか?鼻うがいのやり方や、ドラッグストアで鼻うがい薬を買わなくても、100均のあるアイテムを使って、安くてお手軽に鼻うがいが出来る方法をお教えしようと思います!

 

どうして鼻うがいが効果的なのか?

大気中には、ハウスダストやウイルスなど、人体に悪影響を及ぼす様々な異物が漂っています。

 

それらを体内に入らないように、鼻毛や粘膜でブロックするのが鼻の役目でもあります。

 

しかし、異物が多かったり乾燥で粘膜が乾いてしまうと、ブロックする効率が悪くなって鼻づまりや鼻炎などを引き起こし、鼻で呼吸することが出来なくなってしまうため、常に清潔にしておく必要があります。

※鼻呼吸できなくなることでの悪影響は、こちらをご覧ください。

 

 

鼻うがいは、鼻の中に直接、洗浄液を流し込むことで、大きな異物から粘膜に貼りついているウイルスなどを洗い流すことが出来、さらに乾燥を防ぐことで鼻の役割をより効果的にすることが出来るのです。

 

ツーンとしない鼻うがいのやり方

小学校のプールの授業で、鼻から水が入って、鼻の奥がツーンとしたことはありませんでした?

 

それと一緒で、鼻うがいをすると、同じように鼻がツーンとするからしたくないという方もおおいかもしれません。

 

鼻がツーンとするのは、真水が鼻の奥の敏感な個所を刺激することで起きる現象で、体液に近い、いわゆる「生理食塩水」を使えば、ツーンとすることはありません。

 

【生理食塩水の作り方】
  • 水道水を沸騰させて、人肌程度に冷ましておく
  • 人肌程度に冷ましたぬるま湯1リットルに対し、9グラムの食塩を溶かす
  • 一度に大量に作らず、使用するたびに作る

 

朝、歯を磨いた後に鼻うがいをしてもいいのですが、最初のうちは、お風呂に入っているときの体が温かいときに行ったほうがいいでしょう。

お風呂の中だと、こぼれても心配ないですしね。

 

100均アイテムでお手軽鼻うがい

耳鼻科で鼻うがいをするときは、専用の器具を使って鼻うがいをするのですが、自宅で鼻うがいをするときはどうしたらいいのでしょうか?

 

洗面器に先ほどの生理食塩水を満たして、顔を突っ込んで、鼻からすすればいいのですが、かなりハードルが高いですよね。

 

ドラッグストアで鼻うがいのボトルは市販されているのですが、もっとお手軽に、100均のドレッシングボトルとイヤホンパッドで鼻うがい専用ボトルを作ることが出来ます。

 

このように、ドレッシングボトルの先端に、イヤホンパッドを取り付けるだけ!

これなら、200円でできちゃいますし、食塩も台所に無い家庭はないと思いますので、めちゃめちゃ安く上がっちゃいますよね。

 

鼻洗浄をするときは、片方の鼻から出してもいいのですが、「あーーー」と声をあげながら、口から洗浄液を出すようにすればいいでしょう。

 

ポイントは、1日2回程度にしておき、やりすぎないようにすること。

あんまりやりすぎると、鼻の粘膜まで流しちゃうことになりますからね。

 

これから花粉が飛び交う季節になり、花粉症の方は1年で一番悩ましい季節になります。

日常的に鼻洗浄を実施して、スッキリした気持ちで乗り越えられるよう、手助けになれたらうれしいです。