『嵐の場合』ライブで本人確認は実施されるのか?

音楽

嵐や乃木坂46など、人気のアーティストのライブでは、「電子チケットの本人確認は必ず実施される!回避する方法はあるのか?」で記事にしたように、電子チケットの導入や、ライブ会場入場時の本人確認は基本となりつつあります。

 

とりわけ「本人確認」については、

 

  • どういうものが必要なのか?
  • 同行者も確認されるのか?
  • 本当に一人ひとり確認が実施されるのか?

 

がとても気にかかりますよね。

 

今回は、2020年をもって活動休止を発表している嵐のライブでの本人確認実施状況について記事にしてみました。

 

転売対策のため本人確認には力を入れている

嵐のライブチケットは、日本で最も取りにくいライブチケットと言われています。

 

ファンクラブに入っていても取りにくいのですから、それだけ希少価値もあり、転売ヤーにとっては格好の商材であったため、事務所としてもいち早く本人確認を導入しています。

 

チケットのデジタル化(デジチケ、QRコードの導入)をはじめ、2016年のツアーでは、顔認証システムも導入、不正取引のチケット排除に力を入れています。

 

活動休止発表前のドーム公演で本人確認は実施された?

嵐のドームツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」では、本当に本人確認されたのか?本人確認出来なかったら入場できないのかとても不安に思われる方も多いと思います。

 

昨年のドーム公演では、本人確認したのでしょうか?

 

入場者全員の本人確認は実施されなかった

ネット上でのファンの声を調べてみると、すべての入場者の本人確認はされていなかったようです。

知人にも今回のツアー公演に参加したファンもいて、状況を聞いてみましたが、本人確認はされなかったと聞きました。

 

今回のツアー会場はすべてドーム球場であり、入場者も4~5万人です。

仮にすべての入場者の本人確認をしようとすると・・・

 

  • 総入場者50,000人のうち、同行者1人だと、対象は25,000人
  • 入場ゲートでチェックする係員が20人とすると、係員1人で1,250人
  • チェックするのに1分かかるとすると、1,250分=20時間

 

どう考えても、入場者すべて本人確認することは出来ませんね。

 

無作為に本人確認は実施される

ただし、たまたま本人確認されなかっただけで、無作為に本人確認は実施されていたようです。

 

どんな人が、どのような基準で本人確認するのかは不明ですが、入場時での顔認証で引っかかった人が、本人確認されるのでは?と思われます。

 

なので、本人確認されないからといって、本人確認証をもっていかなくて、入場拒否されたら取り返しがつかなくなっちゃいますから、ライブに参加される方は必ず本人確認証を持っていきましょう。

 

公式のチケット再販、トレードシステムは無し

チケットが取りにくいアーティストの公式サイトでは、せっかく取ったのに当日のライブに行けなくなってしまった人のために、ファン通しで定価でチケットを譲渡、交換できる仕組みを採用しているケースもあります。

 

しかし、嵐の公式サイトでは、このようなファン通しでのチケットのやり取りの仕組みは取り入れていません。

 

安心して、しかも定価でライブチケットをやり取りできる仕組みは素晴らしいものですから、ぜひとも取り入れてほしかったですよね。

 

チケット代行サイトは定価販売ではない

転売ヤーの高額転売が問題となって、今では金券ショップやオークションでのチケット販売はなくなりつつあります。

 

しかし、「チケットストリート」や「チケット流通センター」などのチケット売買サイトは存在しており、定価以上の額でチケットのやり取りがされています。

 

このような「チケットストリート」や「チケット流通センター」は、あくまで個人間でのチケットのやり取りを仲介することによって、安全に取引できるようにすることを目的としており、定価販売を前提とはしていません。

 

なので、嵐のライブチケットも、1枚70万円というとんでもない価格で取引されていて、活動休止もあってか、その額で取引が成立するケースも出てきています。

 

SNSや掲示板での取引は危険

Twitterや掲示板などで、「行けなくなったから定価で譲ります」という書き込みを見かけることがあります。

 

日頃、オフ会などで顔なじみな人や、当日、会場で手渡しであれば心配ないんでしょうけど、たまに新規アカウントや、先に代金を振り込ませることを要求されることがありますが、そういった場合は、まず疑ってかかったほうがいいでしょう。

 

先に代金を振り込ませるのは、詐欺の常とう手段ですから、必ず手渡しや確約してから取引に応じるべきでしょう。

 

ライブで本人確認は実施されるのか?のまとめ

今回は、嵐のライブでの本人確認実施状況について記事にしてみましたが、どうやら全員本人確認は実施されていないようです。

 

しかし、本人確認は実施しているようで、もしかしたら事前写真の登録以降、髪形を変えたとか、普段よりばっちりメイクで臨んだり、極端に言うと、ちょっと太ってしまったと心当たりがある場合は、本人確認される可能性がありますが、必ず本人確認証等は忘れず用意して、心に残るライブにしたいですよね。