知ってますか?花粉症に相性のいい、悪い食べ物があるんです

グルメ・健康

天気予報では、スギ花粉が飛散する映像が流れ、いよいよ花粉症の季節になってきました。

 

花粉症の方にとっては、一年で一番つらい時期ですよね。

 

あの目のかゆみや鼻水は何とかしたい!!

 

普段の食事で、花粉症に相性のいい食べ物もあったり、逆に花粉症とは別の病気を発症させる食べ物もあることをアナタはご存知ですか?

 

そこで今回は、花粉症に相性のいい食べ物、悪い食べ物について記事にしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

花粉症とは、アレルギーによるもの

 

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

 

日本では、約60種類の植物の花粉が影響を及ぼすとされていますが、春先に花粉を飛散させるスギとヒノキが大きく症状を引き起こすとされています。
症状は、目のかゆみや充血、鼻水や鼻づまり、くしゃみを伴い、人によっては発熱や下痢の症状が出ることがあります。

これは避けたい!花粉症に悪影響な食べ物は?

 

 

先ほど花粉症は「アレルギーによるもの」と説明しましたが、食べ物によっては別のアレルギーを発症させる成分を持つものがあります。

 

トマトを食べると、口元がかゆくなったり、のどが腫れたりする、またはそういう人を知っている方、いませんか?

 

これは口腔アレルギー症候群と言われるもので、食べ物が持つアレルゲン物質が、口内の粘膜と触れてアレルギーを引き起こすもので、花粉症の人がトマトを食べると、この様な症状がひどくなる事例があります。

 

口腔アレルギー症候群のアレルゲンと、花粉症のアレルゲンの構造がよく似ていて、お互いが反応しあう「交差反応」で症状が悪化すると言われています。

 

また、喘息を患ったことのある人は再発したり、場合によってはアナフィラキシーショックで呼吸困難などの症状を引き起こすこともあるので要注意です。

 

花粉症におすすめの食べ物とは?

 

では、花粉症に相性のいい食べ物はあるのでしょうか?

 

花粉症のアレルギーは、免疫力と大きな関係があり、人の免疫力は腸にあると言われています。

 

腸を活性化させる、つまり善玉菌を取り入れることで免疫力がアップします。

 

腸と善玉菌に関係する食べ物とは?

そう、ヨーグルトですよね。

 

ヨーグルトは、朝食でサラダと一緒に食べると効果的とされており、整腸作用と善玉菌の働きで免疫力がアップ、花粉症対策にもいい影響を与えることになります。

 

 

今回のまとめ

今回は、花粉症に相性のいい、悪い食べ物があることについて記事にしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

花粉症の人はある先が一番恐怖に思える頃でしょう。

そんなつらい時期をこの記事を参考にして、少しでも和らげることが出来たらいいなぁと思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。