仮面ライダーW続編!菅田将暉と桐山漣が今回も・・・?

エンタメ

 

仮面ライダーシリーズ初のダブル主演で話題だった「仮面ライダーW(ダブル)」

当時はまだ16歳だったフィリップ役の菅田将暉も、今やドラマや映画に引っ張りだこの超売れっ子俳優になりましたよね。

 

仮面ライダーWというだけに、二人のヒーローが一人の仮面ライダーに変身して敵と戦うという世界観は、同じテレビ朝日系の「相棒」からヒントを得たということです。

 

その仮面ライダーWが、続編作成決定!というお知らせが児童雑誌に掲載され、今度はどんな世界観になるのか、菅田将暉は出演するのかが、早くもネット上で話題になっているようですね。

仮面ライダーW続編!菅田将暉と桐山漣が今回も・・・?

仮面ライダーWはこんなライダーだった

今から1年前(2008年)、私立探偵の鳴海荘吉とその弟子の左 翔太郎(桐山漣)は、謎の組織に拘束されていた少年を助け出す。脱出の途中に荘吉が追手の凶弾に倒れ、残る2人も絶体絶命の窮地に陥る中、少年は翔太郎に謎の機械を渡し、こう告げた。「悪魔と相乗りする勇気、あるかな?」

そして2009年秋。あらゆる場所で風車が回る風の街「風都」において、荘吉の後を継いで探偵業を営む翔太郎と1年前に救出された少年フィリップ(菅田将暉)の元に、荘吉の娘鳴海亜樹子が事務所からの立ち退きを要求しにやってきた。翔太郎に付きまとううちに、亜樹子は風都で怪事件を起こす怪人ドーパントの存在を知る。そして、翔太郎とフィリップが変身する風都を守る戦士仮面ライダーWの戦いに深く関わっていくことになる。

※出典「Wikipedia」より抜粋

 

菅田将暉のデビュー作の「仮面ライダーW」

菅田将暉は、実は芸名で、本名は「菅生大将(すごうだいしょう)」という名前のようです。

甘いマスクとは正反対のごつい名前ですね。

 

2008年のジュノンスーパーボーイコンテストで、上位12名に入り、芸能界入り。

仮面ライダーWの出演のきっかけは、あいさつ回りをしていた際、オーディションの誘いを受け、そのままオーディションに参加したら受かっちゃったという強運の持ち主。

 

ライダー終了後は、ドラマやCMにも起用され、auの鬼ちゃん役で一躍トップスターの仲間入りを果たし、その後の活躍はみなさんご承知の通りです。

仮面ライダーW続編!菅田将暉と桐山漣が今回も・・・?

さて、その仮面ライダーW続編の話ですが、このイケメンライダー俳優の2人がそろってまた主役を張るのか、それとも全く別の俳優がライダーに変身するのかが、ネット上で話題になっています。

 

そもそも、菅田将暉が演じるフィリップは、ストーリー上は死んでしまった設定になっていますから、菅田将暉は出演しないのでは?という意見が大半です。

 

終了後半の桐山漣演じる左 翔太郎が、一人で変身した「仮面ライダージョーカー」が今回の主役とみる人も多いようです。

 

まだ、続編決定としか発表されていませんので、今後の続報が楽しみですよね♪

 

仮面ライダーW続編!菅田将暉と桐山漣が今回も・・・?

ネット上の反応は?