コウノドリ 第3話のカルテは、無痛分娩と産後うつ

ドラマ

「生まれること、そして生きること」

をテーマに、綾野剛が産婦人科医”サクラ”を演じる金曜ドラマ「コウノドリ」

 

第3話は、ゲスト出演者に川栄李奈とゴールデンボンバーの喜屋武豊

そして、ナオトインティライミと高橋メアリージュン

を迎え、「無痛分娩」「産後うつ」について描かれます。

 

コウノドリ第3話のあらすじ

YouTube

第3話では、ゴールデンボンバーの喜屋武豊と、ナオトインティライミのミュージシャンがゲスト出演します。

 

喜屋武豊、ナオトインティライミ、ともに過去、ドラマ出演の経験もあり、喜矢武豊はフジテレビ「ビブリア古書堂の事件手帖」、ナオトインティライミは、同じくフジテレビの「主に泣いてます」に出演しています。

 

ミュージシャンつながりとしては、星野源も四宮先生役で出演していますので、この3人の”役者”魂はどうなのかが見ものですよね。

 

サクラ(綾野剛)の健診を受ける妊娠36週の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)。

素直な性格の麗子は、親や友人に言われた迷信をすぐに聞き入れてしまい、いつもサクラを困らせていた。

この日、心臓病を抱える麗子に心臓への負担を考え、サクラは無痛分娩を提案するが、それに対しても麗子は周りの意見に左右されてしまい…

一方、無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)は、生後2ヶ月半を迎える赤ちゃん・みなみの心室中隔欠損の診察の為、新生児科を訪れていた。診察している間も、みなみの顔を見ずに自分の仕事復帰の話をする彩加を見て白川(坂口健太郎)は違和感を感じていた。

さらに、サクラと小松(吉田羊)は偶然、診察のあとの彩加と出くわす。そこでも泣いているみなみをあやす事なく歩く彩加。その姿に、サクラはある妊婦の姿を重ね合わせていた。

そんな中、みなみを預ける保育園が見つからず、思いつめた彩加は、赤ちゃんを病院の受付に残したまま姿を消す・・・

引用 「コウノドリ」公式HPより



「スポンサーリンク」

無痛分娩と産後うつについて

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、麻酔薬をつかい、陣痛の痛みをやわらげながら出産する方法です。

出産時の痛みは、体にも相当な負担がかかるもので、第3話で無痛分娩を提案される山崎麗子(川栄李奈)は、心臓に病気を抱える女性で、それを心配するサクラが、麗子に対し、無痛分娩を提案するという内容です。

 

しかし麗子は、周りの意見に振り回され、無痛分娩を拒否してしまいます。

 

無痛分娩は、出産時の痛みを、麻酔で一時的にやわらげるものであって、前記の体にかかる負担は、通常での出産とかわらないということです。

 

それで、麗子は、無痛分娩を拒否してしまうんでしょうね。

 

産後うつとは?

みなさんは、「鬱(うつ)になってしまった」とよく聞かれると思います。

「うつ」とは、

  • 気分が憂鬱で落ち込む
  • 寂しい
  • むなしい
  • 何をしても楽しくない
  • 些細なことでイライラする
  • 何をするのも億劫

など、「自分はだめな人間だ」と、強く思い込んでしまう症状のことを指します。

 

出産を経験した女性にも、人生での大仕事をやり遂げたあとに、うつ病と同じように、「自分はだめな人間だ」と思いこんでしまうことを「産後うつ」と呼ばれます。

 

妊娠・出産の後、お母さんの体内では急激なホルモンの変化が起こり、情緒が不安定になりやすく、精神的な症状のほかに、

  • 育児に自信がない
  • 育児に神経質になる
  • 子どもに生活が束縛されることに憤りを感じる
  • 育児を放棄する

という症状も「産後うつ」と言われます。

 

第3話で、産後うつになってしまう佐野彩加(高橋メアリージュン)は、キャリアウーマンで、生まれたばかりの自身の子供も心室中隔欠損という病気を患っており、それらが重なって育児放棄、待合室に子供を残したまま姿を消してしまうことになります。

 

はたしてサクラは、この問題にどう立ち向かい、解決していくのか・・・

第3話の放送が待ちきれません!!

 

コウノドリ第3話の感想など