電影少女 ドラマもいよいよ最終回!アイと翔のアイの行方は?

ドラマ

乃木坂46の西野七瀬と野村周平W主演の「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」

最終回目前の第10話が3月17日に放送されます。

 

第10話の予告では、アイと翔、お互いに「好きだ」と口にするまでお互いを意識しあい始めますが、この先の二人”アイ”の行方はどうなるのか気になりますよね。

 

最終回では、アイは本当に再生時間を終えて消えてしまうのか?

アイ演じる西野七瀬のエンディング「ふめつのこころ」が大好評で、続編を望む声も上がっている中、続編はあるんでしょうか?

 

第10話のあらすじ

テレビ東京 土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』 #10

 

街で弄内翔(野村周平)を見かけ、完全に記憶が戻った天野アイ(西野七瀬)。しかし、翔は柴原奈々美(飯豊まりえ)と楽しそうにカフェで過ごしていたため、アイはとっさに記憶が戻っていないフリをして逃げてしまう。翔の隣という居場所を失ったアイは、清水浩司(村上淳)のもとで再生期間を全うすることを決意する。

アイのアイドル化が着々と進み、デビュー曲のお披露目会見まであと2週間に迫った頃。アイがビデオガールだと信じた奈々美は、翔の力になろうと清水のアシスタントになった古矢智章(清水尋也)に協力を請うが、奈々美と智章の会話は、全くかみ合わない。

そんな中、清水のスタジオを意外な人物が訪れる。弄内洋太(戸次重幸)だ。アイで金儲けしようとする清水に、あと1カ月で消えるアイを自由にして欲しいと懇願するが、実は25年前にも2人は会ったことがあるらしく…。
アイと翔の気持ちが交差する第10話、2人は再び一緒に過ごすことはできるのか!?

テレビ東京「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」公式サイトより

原作ではこうなったが・・・

ご存知だと思いますが、「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」は、桂正和の代表作『電影少女』を原作の25年後である2018年の世界として実写ドラマしたものです。

 

漫画の「電影少女」のラストは、こう描かれました。

 

あいは人を好きになって一度消えてしまう

あいと洋太は、お互い好きになり、洋太はあいに気持ちを打ち明け、あいも洋太を好きになってしまいます。

 

しかし、ビデオガールの宿命で、人を好きになってしまうと消えてしまうようにプログラミングされており、アイも消えてしまいます。

 

数カ月後、洋太のもとに転校生としてあいが再び姿を見せますが、洋太との記憶はありません。

(この辺はドラマと同じですよね)

 

愛を結ぶことができれば人間になれる

あいを作ったローレックは、あいが人間になれる条件として

「一人の男性と愛を結ぶことができれば人間になれる」

という条件をつけました。

 

しかし、過去に別れの辛さを知った洋太は、あいを愛することに戸惑いを見せ、距離をおいてしまう・・・

 

再生時間終了時にあいは決断をする

紆余曲折を経てがあって、あいと洋太は再び一緒に暮らすことになり、洋太の絵本つくりを手伝うことに。

 

そして迎えた再生終了の夜、洋太はあいに気持ちを伝える。

「オレにはお前しかいない…。誰よりも好きだ」

 

しかしあいは、洋太にくすりを飲ませる。記憶をなくす薬だった。

 

もがき苦しむ洋太のもとに、ローレックが現れ、あいを回収しようとするが、洋太はデッキを壊してしまう。それはデッキを壊すことでローレックも消えてしまうからだった。

 

デッキが壊れるとあいも消えてしまう。

それを承知でデッキを壊した洋太と消えていくあいは、キスを交わす・・・

 

ドラマでは、アイは消えてしまうのか?続編は?

原作ではあいは消えてしまいますが、その後、人間になって洋太のもとに戻り、ハッピーエンドとなっています。

 

ドラマではアイは消えてしまって翔の記憶の中で行き続けるのか?

それとも何らかの形で人間となって、翔と結ばれるのか?

 

最終回は涙なしでは視られませんね。

 

続編はあるのか?

乃木坂の人気メンバー西野七瀬が演じることもあって、放送前から話題になっていた「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」

 

原作では、「あい編」に続き、「恋編」が作成されています。

 

もし、電影少女の続編がドラマ化されるのであれば、同じ乃木坂の人気メンバーが演じることになるんでしょうね。

 

だとしたら、「恋編」は演技には定評のある「生田絵梨花」なのか?

それともミステリアスな雰囲気のある「齋藤飛鳥」なのか?

 

乃木坂ファンならずとも、注目したいですよね。