電影少女主演の西野七瀬が踊るダンスが超キュート

ドラマ

乃木坂46の西野七瀬主演のドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-

 

原作の電影少女、天野あいに負けず劣らずかわいいと評判の西野七瀬ですが、劇中で踊るダンスも超キュートと好評のようですね。

 

今回は、天野アイ=西野七瀬にスポットを当てて動画も見ていきたいと思います。

 

天野アイVer.のエンディングが激アツ!

第7話からエンディングがこれまでのtofubeatsに代わり、翔が描いたキャラクターとリンクした形で、天野アイVerが公開されました。

 

YouTube

 

記憶をなくしたアイが、清水に拾われ、コンテスト用に翔がデザインしたキャラクターとしてMVでダンスするというものです。

 

第7話のエンディングで公開されると、ネット上では

 

本当に可愛い!

2次元に負けないってすごいてか勝ってる

フルバージョンがでてほしいなぁ〜

普通にシングルで発売したらめっちゃ売れるのにもったいないよね

 

と、高評価が続出しています。

 

原曲のtofubeatsが歌うバージョンそのものが良い楽曲であることもあり、また、打ち込みの楽曲が、ビデオガールというものとリンクしていることにも高評価につながっているのかもしれませんね。

 

劇中では、にんじゃりばんばんを踊るシーンも

第2話では、アイがYouTubeを視ながら、きゃりーぱみゅぱみゅのにんじゃりばんばんを踊るシーンも放送されましたよね。

 

 

普段は乃木坂46として踊っている西野七瀬ですが、他のアーティストの振りマネをするのはあまりなく、ドラマの中ですが、こうして踊っているシーンはネット上でも高評価のようです。

 

西野七瀬は、アイ役に「我ながらかわいい」

西野七瀬演じる天野アイは、ビデオガールとして、再生した弄内翔を慰めるという役柄ですが、デッキが壊れていたせいで、男勝りな性格となってしまったという設定。

 

普段の西野七瀬は、おとなしく、演じるアイとは「違う部分しかなかったと思うくらい、全然違った」と、自身との共通点がないことを話していました。

 

制作発表の会見では、天野アイのコスチュームで登場し、「我ながら可愛いと思った」と自画自賛するところは、さすが人気アイドルグループの乃木坂でセンターを務めるだけあるなぁと感じますよね。

 

電影少女は、西野七瀬の代表作となるのか?

あと数話で最終回を迎える電影少女。

自ら志願してショートカットにして天野あいに近づけるように努力した西野七瀬

 

乃木坂のファンに以外からも「かわいい」と絶賛されるほど役にハマった西野七瀬ですが、このドラマが終わってからも女優とアイドルを兼任して頑張れるのでしょうか?

 

乃木坂だけでなく、次に出演するドラマにも期待したいですよね!