楽天携帯に対する不満や不安が続出する訳は?

ビジネス

国内4番目の携帯キャリアとして、2019年に開業を進めている楽天。

 

その料金概要が29日に明らかになりましたが、利用者は

 

「期待はずれでがっかりした」

「乗り換えるメリットがない」

 

と、反応はかなり微妙なようです。

 

ネットの世界では超有名企業で、儲けているはずなのに、その料金体系は既存キャリアより少し安い程度で、基地局の配置なども万全ではないため、通信環境の不安さを感じる利用者も多いと思われます。

 

今回は気になる楽天携帯の料金体系や、開業後ははたして大手3社に対抗ほどのサービスを提供できるんでしょうか?

 

開業に向け料金体系が発表

楽天CEOの三木谷氏自ら壇上に上がり、2019年にサービスを開始する携帯事業の概要を発表。

通話料は月額4000円で提供することを検討していると発表しました。

 

この月額4000円、あなたはどう思われましたか?

 

正直、あんまり安くないなぁって思われた方は多いんじゃないでしょうか。

 

私は普段、あまり携帯で話さないほうなので、月額6000円前後なので、この4000円の金額を聞いて、

「楽天にしては全然安くねーじゃん!」

って思いました。

 

やっぱり大手3社には勝てない?

この月額4000円という設定には、

携帯電話大手3社の一般的なスマホ利用者が毎月、端末料金や通信利用料などで支払う金額を6000~7000円程度と想定。そこから2000円以上安い約4000円を主要な料金プランに設定すれば、格安スマホ利用者が支払っている毎月2000~3000円に対抗できると判断した

という判断のもとに決定したと話しています。

 

では、格安スマホより高い料金体系で対抗できる根拠はなんなのでしょう?

 

格安スマホのデメリットは?

キャリアメールが使えない

3大キャリアから格安スマホに乗り換えた際、今まで使っていた携帯メールが使えなくなります。

しかし、この点はドコモからソフトバンクに乗り換えた際、今まで使っていた携帯メールが使えなくなるのと同じで、さほど問題ではないと思われます。

 

サポートが不十分

機種変した場合や、乗り換えした際は、一から設定する必要があり、大手キャリアにサポートセンターなどがあり、電話や対面で設定の仕方などを教えてくれます。

 

しかし、格安スマホでは、自分で説明書などを読みながら設定する必要はありますが、この点でも設定自体はそんなに難しいものではないので、問題視する必要はないかと思われます。

 

通信速度が遅く、通話料が高い

格安スマホで一番のデメリットは、「通信速度が遅い、通話料が高い」という点かと思われます。

 

スマホでYouTubeやゲームをする際は、通信速度がポイントですよね。

動画は通信速度が遅ければ、カクカクになってしまうし、ゲームを楽しんでいるときに止まってしまうとイライラしますよね。

 

格安スマホ会社の多くは、通信が込み合う時間帯(19~22時)において、通信速度が1Mを下回るケースが出てきます。

 

これは、YouTubeを観る場合は致命的で、ほぼ動かないと思われます。

 

そして通話料が高く、かけ放題のプランはありますが、格安スマホのかけ放題プランは、1回の通話時間に制限があり、指定された分数(5~10分)を超えると、通常の通話料金を上回る料金がかかってしまいます。

 

なので、大手キャリアから乗り換えた人は、今まで通りと思って使っていたら、めちゃめちゃ不便に感じるかもしれませんね。

 

楽天携帯は格安スマホに対抗できる?

このように、楽天としては、格安スマホのデメリットを解消でき、少しだけ割高にはなるが4000円で対抗できると踏んでいるようですが、通信速度も公共無料WiFiを活用するなど、解決策はありますので、月額4000円だと、正直、厳しいと思われますよね。

 

格安スマホに対抗するのが厳しいのであれば、大手キャリアに対抗するのは携帯業界の競争を甘く見ていると思われても仕方がないでしょう。

 

携帯利用者の反応は?

この発表内容を聞いて、携帯利用者の反応はどうなんでしょうか。

 

もう少し期待してたのに。その程度の価格だと、変更するメリットが少ない。機種もわからないし、通信設備も不安、それなのたった3割しか安くないなら、他社の方がよいかなー。
今のところ、使う理由はないなぁ。
当初は都市部に集中させて……ということは、例えば自宅や勤務先保つながるけど、出先ではつながらないなんてことが頻発しそう。
4000円払って関東関西中部の都市部しかつながらないのか。
大手のインフラ使ってる格安SIMの方が安定してる感じになりそうで
新規参入はやっぱつらいねー

大手3社にとって脅威にならないだろうな。
で、大手3社と同等のサービス提供出来る頃には談合価格になってるんだなきっと

私は、マイネオの格安simを使っている者です。
私の使っている格安simは、10GBで月額約3000円です。
auから格安simに変えただけで、年間約50000円の節約ができました。
楽天と契約して、スマートフォンを使うなら、絶対に格安simの方がいいと思います。

まとめ

今回は、楽天が携帯キャリアに参入、その料金体系について発表した内容について検証してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

料金体系については、みなさんが思われているように魅力的な料金体系でないし、目新しいサービスなどもない以上、楽天携帯の道のりは厳しいものとなるでしょう。

 

2019年サービス開始ですから、世間の反応などを考慮して、今後、見直しなどの発表があるかもしれませんので、今後を楽しみに待ちたいと思います。