陸王 第8話ネタバレ 救世主は熱い男!?

ドラマ

ラスト前夜となる「陸王」第8話では、倒産危機にあるこはぜ屋を救おうと、救世主が現れます。

 

その救世主であるアパレルメーカーの「フェリックス」御園社長を、スポーツ界で最も熱いオトコ松岡修造がクールに演じています。

 

第7話では、アトランティス社の裏工作によって、陸王のアッパー素材供給元のタチバナラッセルとの取引がなくなり、さらには、陸王最大の要である「シルクレイ」製造機が故障してしまい、陸王生産どころか、こはぜ屋の存続も危うくなってしまいます。

 

宮沢は、陸王の開発を諦めてしまうのか、それとも、こはぜ屋を身売りしてまでも陸王の生産を続けるのか・・・

 

「陸王」第7話のおさらい

陸王を履いての茂木の復活、活躍に危機感を抱いたアトランティスの小原。

陸王の開発に横槍を入れるべく、部下である佐山に裏工作を命じ、陸王のアッパー素材供給元のタチバナラッセルに、アトランティスとの独占契約の見返りとして、他社、つまりこはぜ屋への供給をストップさせることを約束させ、タチバナラッセルはその要求を飲んでしまう。

 

さらに追い打ちをかけるように、シルクレイ製造機が故障してしまい、その修理費用に1億円かかると言われ、どうにもならなくなってしまう。

 

今のこばせ屋には、1億円も出せる経営状況ではなく、宮沢社長は陸王の開発を断念せざるを得なくなってしまう。



「スポンサーリンク」

 

「陸王」第8話のネタバレ

 

フェリックス御園社長が買収に名乗り出る

「チーム陸王」を救うべく、坂本は苦肉の策として、宮沢社長に「会社を売らないか」と提案する。

 

費用捻出が困難と判断した宮沢は、陸王の開発を断念、チーム陸王を解散と考え始める。

 

一方、陸王を失った茂木は、市販のシューズを履いて大会に参加するも、後半からペースが落ち始め、成績を収めることができなかった。

 

ダイワ食品監督の城戸は、茂木の不振をシューズが原因だと指摘、市販のシューズではフルマラソンは無理だと言われ、傷心する。

 

小園の買収案に宮沢は・・・

傷心する茂木のもとに、佐山が現れ、「ちょっと顔をかせ」と茂木をあるところに連れ出す。

 

こばせ屋買収に名乗りを上げたフェリックス社に宮沢は訪れ、社長の御園から具体的な買収案を示され、「3億円の用意がある」と言われ、さらには、こはぜ屋の名前は続けてもいいとも言われ、宮沢は「前向きに考える」と、買収案に応じる姿勢を示した。

 

一方、佐山に連れ出された茂木が訪れたのは、アトランティスの商品開発室だった。

そこには、茂木を切り捨てた小原もいた。

 

小原は、茂木のサポートを取り戻すべく、茂木専用のRⅡを示し、アトランティスのサポートに戻るよう話すが、茂木は聞く耳を持たず後にしようとする。

 

しかし小原は、ダイワ食品が財政面に難があることを把握しており、茂木に対し、

「サポートに戻れば、ダイワ食品に対してもサポートをする準備がある」

と聞かされ、茂木は戸惑う。



「スポンサーリンク」

 

最終回、こはぜ屋は買収されてしまうのか・・・

こはぜ屋を救うべく、宮沢はこのまま買収案に乗ってしまうのか?

茂木はダイワ食品を救うべく、アトランティスとのサポートを受けるのか?

 

最後の御園の

「あともうひと押しだ」

の言葉と、ニヤリとの不敵な笑みが気になりますよね。

なんか、小原と裏がありそうな雰囲気でしたが・・・

 

次週ラス前、クリスマスイブにはいよいよ最終回。

原作では感動的な結末を迎えましたが、ドラマではどのような結末になるのでしょうか?

忘年会の人は、早めに切り上げて、テレビの前に待機していましょう!