陸王のドラマ化は実話?モデルは「きねや足袋」

ドラマ

10月15日(日)スタートのTBS日曜劇場「陸王」

 

原作は、半沢直樹シリーズの「銀翼のイカロス」や、「下町ロケット」など、ドラマ化された作品はすべて高視聴率をたたき出している池井戸潤「陸王」のドラマ化です。

 

この「陸王」は、老舗の足袋業者が作りだしたランニング足袋の開発と成功を描いていますが、作品中の足袋業者には、実際のモデル会社が存在していることをご存知でしょうか?

 

今回は、そのモデルとなった足袋業者「きねや足袋」と、ランニング足袋の「MUTEKI」をご紹介しましょう。

 

日曜劇場「陸王」のあらすじ

YouTube

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?
世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足——。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る!

引用 TBS日曜劇場「陸王」公式HPより

 

劇中の老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長宮沢紘一役に役所広司

宮沢紘一の息子で、就職先を模索中の宮澤大地役に山崎賢人

マラソンの実業団「ダイワ食品」のランナー茂木裕人役に竹内涼真

 

のキャストで物語は進んでいきます。

 

「こはぜ屋」のモデルは「きねや足袋」

陸王の舞台となる「こばせ屋」には、モデルになった、実在する会社があると言われています。

同じ行田市にある「きねや足袋」がそのようです。

 

この「きねや足袋」は、ランニング足袋「KINEYA MUTEKI」を開発し、マラソン実業団の大きな成果につながったとの実績があります。

 

そのランニング足袋「MUTEKI」も実際に販売されており、写真を見ていただけ手ばおわかりだと思いますが、本当に足袋をそのままランニングシューズにしたフォルムになっています。

 

このランニング足袋「MUTEKI」も、ドラマのヒットとともに、手に入りずらくなると思いますので、今すぐにゲットしてくださいね。

 

ドラマの「陸王」は実話ではない?

先ほど、「こばせ屋」は「きねや足袋」のモデルになった足袋業者とお伝えしましたが、「きねや足袋」を実話化した訳ではありません。

 

原作者の池井戸潤氏も、小説「陸王」を執筆するにあたり、「きねや足袋」を取材したと明かしていますので、実話ではありませんね。

 

ドラマに出てくるランニング足袋の商品名も「陸王」であり、「MUTEKI」ではありませんし・・・

 

これまで数々のヒットを飛ばしてきたTBS日曜劇場&池井戸潤のタッグですし、「陸王」も高視聴率は間違いないでしょう。

 

今日からの放送を楽しみにしましょう!!