オフィスでの寒さ対策にオススメグッズはこれで決まり!

グルメ・健康

11月になって一気に寒さがやってきて、冷え性の方にはとっても辛い季節になってきました。

オフィスでの寒さ対策をどうしようかと悩んでいる方も多いハズ。

 

特に冷え性の女性にとっては本当に辛い!

営業職の男性は、寒い外に出ての仕事なので、辛いのですが、営業途中で喫茶店に入って暖を取ることもできますし、歩くことで暖かくなりますから、そんなに辛くは感じませんよね。

 

今回は、オフィスでの寒さ対策に役立つ対策方法やグッズをご紹介したいと思います。

 

オフィスではどんな寒さ対策をしていますか?

オフィスのエアコンは温度調節できない

オフィスで使っているエアコンは、もちろん自分専用でないため、好きな温度に設定できませんよね。

最近は温暖化対策で、設定温度も低く設定されていて、なによりエアコンは空気が乾くので、喉がやられちゃう心配があります。

 

ひざ掛けは席を立つときに面倒

よく使われているのがひざ掛けですよね。

電気も使わないし、よく冷える足をあったかくするので重宝しますが、席を立つときに外して、戻ったらまたかけ直さないといけないので、面倒に思う方も多いはず。

 

足元ヒーターは持ち込み禁止も

最近よく「リフレクトヒーター」というものを聞かれると思います。

「足元ヒーター」のことをいうのですが、電気代がかかるので、会社によっては持ち込み禁止にしているところも多いと思います。

 

なにより、一部分ずーっとを温めるので、熱くなりすぎて、低温やけど担ってしまうケースもあると聞きます。

 

冷え性に効くツボを押さえる

仕事の合間に、冷え性に効くと言われるツボを押さえることで、冷え性を改善できると言われています。

1:三陰交(さんいんこう)【脾】
内くるぶしから指4本分あがったところ。すねの骨の際。3つの経絡が交差するところでもあり、重要なツボ。冷え症だけでなく、女性特有の疾患などにも有効。

2:太谿(たいけい)【腎】
内くるぶしとアキレス腱の間。触ると拍動を感じるところ。体内の水分代謝のバランスを良くするツボで、冷えや足のむくみに効果的。 顔の黒ずむ人やシミなどにも良い。

3:太衝(たいしょう)【肝】
足の親指と人差し指足の甲へ向かってなぞってぶつかるくぼみのあるところ。血液のめぐりを改善するツボ。ストレスにも効果的。

4:関元(かんげん)【任】
おへそから指4本分下。おへそと恥骨の間にあり,東洋医学では心身の活力の源である気の集まるといわれているところ。関元は任脈というおなかの正中線を通る経絡にある。

引用 Doctors Meより引用

 

超省エネヒーター「パル・サーモ」

『この冬、あなたのデスクがこたつになる!』

市販の足元ヒーターは電気代がかかるし、ひざ掛けは席を立つとき、戻ったときに面倒

そんな不満点を解消するのが今回ご紹介する「パル・サーモ」

 

デスク下遠赤外線パネルヒーター パルサーモ (マグネット取付)

 

この「パル・サーモ」は、とってもスグレもので、マグネットでくっつけるだけなので、会社のデスク等に簡単に取り付けできます。

 

遠赤外共鳴波が身体を芯から暖めるので身体が冷えにくい!

しかも本体は熱くならないので安全です。 気になる消費電力は50wと経済的(1時間あたり約1円)

 

これならナイショで取り付けてもバレにくいし、触ってもやけどしないので、とっても安心ですよ!!

 

「寒さ対策」は、ふくらはぎを温めるのが効果的と言われています。

この「パル・サーモ」なら、効果的に足元を暖めて、血液の循環も良くなり、体全体が暖かくなるようになります。

 

あたなもぜひ「パル・サーモ」を手に入れて、オフィスのマイデスクを、マイこたつに変えて、この冬を乗り切りましょう!!

 

ご購入はこちらからできますよ。