正義のセ 第一話のネタバレと感想 吉高由里子の検事役はハマり役?

ドラマ

4月11日スタートの吉高由里子主演ドラマ「正義のセ」

第一話が昨晩放送されましたが、あなたはご覧になられましたか?

 

昨年の「東京タラレバ娘」に続き、検事”竹村凜々子”を演じる吉高由里子と、主題歌をドラマのために書き下ろしたという「失敗学」を福山雅治が唄うということで、放送前から話題になってました。

 

どんなドラマも初回が面白くなければこれから見ていこう!という気分にはならないですよね。

 

「正義のセ」第一話が面白かったかどうか、ネタバレを含めて記事にしてみましたので、一緒に見ていきましょう!

正義のセで初共演の吉高由里子と広瀬アリスが現場で一触即発の予感が・・・
4月11日スタートの「正義のセ」で初共演を果たす吉高由里子と広瀬アリスが現場で一触即発と言われるほど不仲なのでは?と言われていますが、そんなに不仲なんでしょうか?不仲だったらその原因は?そんな二人を検証しましょう。

 

ネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

 

凜々子が初めて担当する事件に悪戦苦闘

 

第一話は、凜々子が横浜地検に配属され、検事として第一歩を踏み出すことから始まります。

第一話のあらすじを見ていきましょうか。

 

第一話のあらすじ

 

東京の下町で豆腐屋の娘、竹村凜々子は、この春、横浜地方検察庁港南支部に配属された検事。

正義感が強く、明るい性格で家族思いだが、子供の頃に正義の味方になる!というほど正義感が強い。しかし何事にも一生懸命に取り組むが融通が利かない性格で、世間知らずな性格で失敗続きの毎日。

そんな凜々子も、女性検事として「これからは仕事も恋愛も、両方きっちりやる!」と決意を新たにしていた。

 

担当補佐官の相原から「被疑者にはあまり感情移入しないように」と小言を言われてしまう凜々子が、ある傷害事件を担当する。

被害者は建設会社に勤める向井。向井は上司の恩田から路地裏で暴行を受けて階段を転げ落ち、全治2か月の重傷を負ったと被害届を出していた。凜々子は「ひどいパワハラ上司」だと憤るが、取調べに現れた恩田は穏やかそうで、暴力を振るうような人間には見えない。

 

恩田は「暴行なんかしていません」と、容疑を全面的に否認。「向井が嘘をついて自分を貶めようとしている」と主張する。さらに、一緒にいた同僚の田中も恩田と同じ証言をする。
被害者と被疑者の言い分が、真っ向から対立する中、凜々子は相原とともに、事件の裏に隠された真実を突き止めるために捜査を進める。

 

あることをきっかけに恩田からパワハラを受けるようになって

事件の数日前、突然取引先を変更した恩田に対し、向井はなぜ実績もあり、価格も安いにもかかわらず、今の取引先を変更するのかを意見すると、その日から恩田のパワハラがはじまった。

 

向井と、身重の妻への事情聴取を進める中、凜々子は恩田が日常的に向井に対しパワハラを働いていたと確信、恩田を傷害で起訴しようとするも裏付ける証拠がない。

傷害を裏付ける証拠集めに奔走するが・・・

ある日、凜々子は大塚や徳永の先輩検事へ「一日だけ時間をください」と頼み込み、恩田の障害の事実を裏付ける証拠集めに奔走する。

 

事件を担当する刑事や医師を訪ね、事件のことについてしつこく聞きまわるが、どうしても証拠をつかむことが出来ない。

 

「防犯カメラがあればなぁ・・・」

と事件のあった居酒屋の前で半ばあきらめかけていたところ、ふと目にしたのは客待ちをしているタクシーだった。

 

「ドライブレコーダー!」

今の時代、たいていのタクシーにはドライブレコーダーが付いている。

 

事件当日、店の近くに待機してたタクシーには、きっと向井と恩田の姿が映っているはず!

そう確信した凜々子たちは、当日待機していたタクシーを求め、タクシー会社をかたっぱしからあたって回る。

 

ピックアップしたタクシー会社を回っている中、ついに当日、付近に待機していたタクシーを突き止め、ドライブレコーダーに映る向井と恩田の姿を確認する。

 

その映像は、恩田が先に店を出た向井を追おうとしたが、向井の姿はなく、部下の田中と駅に向かったという証言と食い違う、恩田が嘘の証言をしたという証拠になるものだった。

 

地検に戻ると大塚が待っていた

「これで恩田を起訴できる!」

そう確信して地検に戻った凜々子を大塚が待っていた。

 

意気揚々と喜ぶ凜々子をたしなめるかのように、大塚はある資料を凜々子に差し出す。

それを見た凜々子と相原は、さらに恩田を起訴出来る確信を持つ。

 

田中が恩田をかばった理由と、取引先を替えた本当の理由は?

今回の傷害事件は、ただ恩田のパワハラだけではなかった。

恩田が突然、取引先を替えたのは、新しい取引先との間で裏取引があったからだった。

 

改めて事情聴取に呼び出した恩田に対し、凜々子はある資料を突き出す。

それは、恩田の妻の預金明細だ。

 

その入金履歴には、恩田が指定した取引先のグループ会社から1000万円の入金が記録されていた。

 

それは、恩田が取引先に指定する見返りとして、指定会社から1000万円支払われたことを意味するものだった。

向井の同僚の田中も、犯人隠避の罪になるにもかかわらず、恩田の証言に口裏を合わせたのも、田中にも300万円支払われたからだった。

 

そして、凜々子は恩田を起訴する判断をし、恩田は傷害で起訴、会社からも詐欺の疑いで訴えられることなったのだった。

 

第一話のまとめ

今回は、吉高由里子主演の「正義のセ」第一話について、ネタバレ含め記事にしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

同じ検事と補佐官にスポットを当てたドラマ「HERO」と被るところがありましたが、凜々子の正義感を貫く、一生懸命さが伝わるドラマではないかと思います。

 

少し癖のある補佐官を演じる安田顕とのやり取りも面白そうですので、第二話も見たくなるようなドラマではないでしょうか。