トランプ大統領がわかりやすく政策をTwitterで表現すると・・・

ニュース

アメリカのトランプ大統領

最近では自身の政策に批判的なメディアに対し、Twitterで侮辱的なツイートをするなど、徹底的なメディア批判を繰り広げています。

 

2日にも、やはり自身に批判的な論調をしているアメリカ大手メディア「CNN」にラリアットをかましてぶちのめすという、ユーチューバー顔負けのTwitterを公開しました。

 

トランプ大統領がわかりやすく政策をTwitterで表現すると・・・

リング外でトランプ大統領がCNNをラリアット!

まぁ、ともかくその動画を見てみましょうか。

大統領がCNNを

この動画は、トランプ大統領公式Twitterで公開されたもので、作り物ではないことは証明されています。

 

日本でもし、安倍総理が安倍政権に批判的な毎日新聞、朝日新聞にラリアットをかます動画を作成して公開したら・・・

想像したらすえ恐ろしいですよね。
 

元動画は、大統領就任前のとあるイベント

「不動産王」として、巨額の富を得ていた実業家のドナルド・トランプ

カジノを経営したニュージャージー州アトランティックシティーを舞台に数々のボクシング世界戦をプロモートしたのをきっかけに、大手プロレス団体のWWEにも参戦していました。

 

2007年4月でのWWE最高イベント「レッスル・マニア」で「敗者髪剃りマッチ」にレスラーの代理人として参戦。その時の動画が今回のCNN動画のもとであることが推測されます。

“暴言王”トランプの原点はプロレスのWWE

 

トランプ大統領がわかりやすく政策をTwitterで表現すると・・・

トランプ大統領がCNNの批判を繰り返す訳は?

先月24日、ワシントン近郊で開かれた集会の演説で、自身に批判的なCNNテレビなどを「人々の敵だ」「フェイク(偽)ニュース」と非難、その後、CNNに対し、スパイサー大統領報道官のぶら下がり取材を拒否する指示を出しています。

 

各メディアは「明らかに気に入らない報道への報復だ」と猛反発、トランプ大統領の対応を批難しています。

 

「ロシアゲート疑惑」が発端

「ロシアゲート疑惑」とは、トランプ大統領がロシアと繋がりがあるという疑惑のことで、発端は米大統領選挙の時にロシア政府がトランプ陣営に有利な働きかけを行ったとされています。

 

「選挙戦に有利な働きかけ」とは何のことを指すのかは不明ですが、その操作を行っていたFBIのコミー長官が突然、その職を解任されたことがその疑惑をさらに大きくするきっかけになったのではと言われています。

 

「選挙戦に有利な働きかけ」について、先日の池上彰のテレビの中で、クリントン候補へのサイバー攻撃をロシアへ依頼したのでは?と解説されていましたね。

 

そのロシアゲートの報道をしていたCNNなどのメディアに対し、大統領の権力をかざして妨害していると、さらにトランプ大統領への非難は増加、大統領弾劾を求める抗議デモもさらに高まりつつあります。

 

今後、トランプ大統領がさらに言論の自由を弾圧する行動を高めると、さらに大統領弾劾行動は大きくなるでしょうね。

当の本人は、そんなこと気にしてはいないのでしょうけど・・・