山口達也メンバー事件には報道されない隠れた事実がある?

芸能

共演した女子高生に対し、強制わいせつをした疑いで書類送検されたTOKIOの山口達也メンバー

 

テレビでの報道で、「山口達也メンバー」との呼び方に違和感を持った方もおられるでしょう。

 

ネット上では、「事件を起こしたんだから容疑者だろう」「ジャニーズだから呼び捨てしないんじゃないの?」とか色々言われていますが、この事案については「書類送検」で、報道では書類送検の場合は「容疑者」という呼称は付けません。

 

また、呼び捨てにしない理由としては、90年代以降人権擁護の観点から呼び捨てにせず「メンバー」という呼称を付けたと思われます。

 

しかし、キスしようとしただけで警察が被害届を受理したんでしょうか?

 

山口達也メンバーが巨大な事務所に所属していることから、報道されない、何か闇に隠れた事実があるのでは?と思いますので、そのあたりを検証してみたいと思います。

 

書類送検はどのくらいの罪なのか

今回の山口メンバーの扱いは「書類送検」とあります。

「書類送検」とは、被疑者を逮捕せず、捜査書類のみ検察へ送ることを指します。

 

警察が捜査した際は、書類や証拠品などを検察へ送致しなければなりません。

法律上では「検察官送致」といいますが、報道では「送検」と呼ぶのが一般的です。

 

書類送検は軽微な罪ではない

先ほども申し上げたとおり、警察が捜査をすると必ず送検しなければならないのですが、警察は毎日膨大な案件を捜査しなければなりませんよね。

 

警察もすべての事案を捜査して送検するのは難しいので、案件によっては送検されず、事情聴取のみで操作を完了することもあります。

 

これは微罪で被害者も処分を求めないことが条件となりますが、山口メンバーは書類送検されていて、被害者も被害届を出していますので、微罪ではないと思われます。

 

本当にキスしようとしただけなのか?

ここで疑問に思うのが、「書類送検されていて微罪ではないこと」です。

 

今回、被害者が被害届を出していますが、報道のとおり「キスしようとした」だけで警察が被害届を受理するのかです。

 

これはあくまで憶測ですが、被害者は「キスしようとした」以上のわいせつ行為があったのでは?あったから被害届を出して、警察も捜査したのでは?と感じます。

 

一部報道では飲酒を勧めたとも

今回の事案において、各社「強制わいせつ」の報道はしていますが、山口メンバーが未成年の女子高生に酒を勧めたことについてはばらばらです。

 

未成年者飲酒禁止法」で未成年の飲酒は禁止されていて、飲酒を阻止(勧めた)成年については、罰金が科せられることがあります。

 

この「飲酒を勧めた」行為と「キスしようとした」ことをまとめて軽微な罪でないと判断したんでしょうか?

 

なんか納得できませんね。

他になにかあったのではと思ってしまいますよね。

 

やはりそれ以上のことがあったのでは・・・

以上を踏まえて、やはり「キスしようとした」以上の何かがあったから書類送検までされたと思わざるを得ませんね。

 

そして所属事務所が報道各社へ発表した声明文には疑問を持たざるを得ません。

 

昨日から今朝まで、スポーツ紙やテレビ局の対応は、事実を淡々と報道するだけで、今挙げました疑問点について深く検証することはありませんでした。

 

やはり所属事務所が芸能界に対し、影響力が大きいこと、報道各社が事務所に考慮して深く報道しなかったのが本当だと思います。

 

ただし、山口メンバーが犯したことは重大なことで、謹慎のみで済まされることではないと思います。

 

対応に追われるテレビ局もそうですが、所属事務所も対応次第では窮地に立たされるのは間違いないでしょう。